雑用という名の仕事はない


 出版社で働くMさんは若いころ、上司にコピーを頼まれると、”どうして自分が雑用を……。早く終わらせて自分の仕事に戻りたい”という思いしかありませんでした。

 そんな気持ちで片付けたコピーは、原稿の途中で切れているページが何枚もありました。しかもコピーが終了したことも報告していなかったため、上司からは一喝。この失敗から、Mさんは「コピーを取るという仕事を疎かにしない」「受け取る相手に満足してもらえるように、枚数や抜け、重なりがないかまでしっかり確認する」「終わったら必ず上司に報告する」という三点を心がけるようになりました。すると”コピーなら任せてください”という「小さな誇り」まで感じるようになったといいます。

 雑用という名の仕事はありません。雑用と思うかどうかは自分の心次第です。自己中心から相手中心の見方に変わるとき、仕事の意味を再発見できるのです。


出典:ニューモラル 心を育てる言葉 366日