奇跡の妻・奇跡の夫


夫婦はいかにも当たり前の存在のように思えますが、この地上で二人が出会う確率を考えてみてはいかがでしょうか。

宇宙全体の星の数は、百億の一兆倍もあるといわ れます。その宇宙に放り込まれたとして、暗闇に落ちないでどこか一つの星に乗る確率は、一兆の一兆倍のそのまた十億倍分の一より小さいそうです。さらに、落ちたその星が地球である確率は、その百億 の一兆倍分の一というのですから、ほとんど”ない”に等しい確率です。また、地球の人口は約六十億人 ですから、夫婦になるということは、実に奇跡的なことだといえます。ですから、夫は妻を”奇跡の妻”、 妻は夫を”奇跡の夫”、として、互いにその存在に感謝すべきではないでしょうか。


出典:ニューモラル 心を育てる言葉一日一話