まねて学ぶ


日本画を学ぶ人は、初めは先輩が描いた四君子 (梅・蘭・竹・菊のこと。中国の明代、陳継儒が梅蘭竹菊を四君子と呼んだのが始まり)を忠実に写しとることから修業します。「あの人は、あの苦労を乗り切るとき、あんな心づかいをした。私も今、同じような悩みにぶつかっているから、あの人と同じような心づかいをまねてみよう」。

こうして、二度、三度と行っているうちに、いつのまにか、その心づかいが身につき、似合ってくるようになります。形だけが大事なのではなく、本当の心づかいを身につけるために、形をまね、心をまねていくのだという目標さえ失わなかったならば、やがて、そのまねはすばらしい心づかいに発展して、幸せのもとになる豊かな品性がつくられていくことでしょう。


出典:ニューモラル 心を育てる言葉一日一話