社会の先輩と心をつなぐ


G・M・ジョウンズ(イギリスの社会学者)は著 書『欧州文明の曙光』の中で、「老人を待遇する仕方は国民性と同時に、文明の程度を示す指標である」 と述べています。
私たちには、遠い祖先から絶えることなく受け継がれてきた生命を受けて、今の人生があります。こ こに至るまでに、次の世代を育てようという先人の尊い努力が積み重ねられてきました。苦労をいとわないで、私たちのこの肉体と心とを育てることに努力してきた先人・先輩たちの、その心に思いをはせることが大切ではないでしょうか。それが、身近な 祖父母や親をはじめ、社会の先輩と心をつないでいくことになるのです。


出典:ニューモラル 心を育てる言葉一日一話