失敗は次へのステップ


日常生活の中で問題が生じたとき、私たちは必要以上に後悔や悲観をしたり、自暴 自棄に陥ったりしがちです。また、原因や責任の追及のみにとらわれ、自分の正しさを主張して他人を責める場合もあるでしょう。これでは問題が解決しないばかりか、 お互いに対する不満が募り、事態をますます悪化させることにもなりかねません。

失敗によって気持ちが落ち込むのは仕方のないことですし、問題を正しく解決し、 同じ失敗を繰り返さないためにも、原因を究明することは必要です。しかし、何より 大切なのは、その失敗を受けとめる自分自身の心のあり方です。

苦難を「自分を次のステップへと導いてくれる、絶好の成長の機会」と受けとめたとき、それは「苦しみ」ではなくなっているのではないでしょうか。事態の受けとめ 方次第で、失敗の経験もプラスへと転化させることができるのです。

 


出典:ニューモラル 心を育てる言葉 366日