心は世界を結ぶ


日本は、世界の国々との交流なしには存在することはできません。それだけに、世界から信頼される国となることが求められるのです。 日本の銀行制度の父といわれ、海外親善に心を尽くした渋沢栄一は「自国の利益は同時に相手国のためにもなり、世界平和のためにもなる」という信念を持っていました。主張するところは主張し、譲るところは譲るように努め、その誠実さにより世界各国に真の友人を持ちました。公的な政治や外交の面での交流はもちろん、国民一人ひとりが外国や外国人を理解し、思いやることが求められています。こうした一人ひとりの心づかいが、国際時代にとって何よりも大切なことではないでしょうか。


出典:ニューモラル-心を育てる一日一話