粘り強く持ち味を生かす道を


皆、その人なりの個性、持ち味があります。子どもたちが学校で勉強するのも、いわばその持ち味を発見し、育てるためだともいえるでしょう。知識を 身につけ、教養を深めるのも、自分自身の品性を高 めて、自分の人生を豊かにすることがねらいでしょう。

若い時代には、何をしたらいいか、何になればいいのか分からないことが多いでしょう。しかし、やけにならずに粘り強く自分の道をさがしましょう。 新約聖書に「求めよ、そうすれば与えられるであろう。さがせ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう」と あります。必ず、あなたの努力にふさわしい道が開かれてくるでしょう。


出典:ニューモラル-心を育てる一日一話