朝一番の深呼吸で爽快に目覚めよう ~腹式呼吸~


腹式呼吸で心と体をリラックス!

緊張や不安で爽やかな気分になれない朝は、腹式呼吸の深呼吸をオススメします。

腹式呼吸は、腹部にある横隔膜を上下に動かしながら、肺を縮めたり広げたりする呼吸法で、副交感神経を刺激し、心と体をリラックスさせます。

〜やり方〜

①朝起きたら窓とカーテンを開け、背筋を伸ばして、肩の力を抜き、澄んだ空気を鼻からゆっくり吸い込みます。

このとき、おへそ中心に空気を貯めていくことを意識し、お腹をふくらませます。

②次に、口からゆっくり息を吐き出します。お腹をへこませながら、体の悪いものをすべて出しきるように、吸うときの2倍の時間をかけてゆっくり吐くのがポイントです。

③これを3回以上繰り返し行いましょう。

慌ただしい朝こそ、深呼吸をして代謝を上げ、焦りがちな心を落ち着けることが大切です。

朝の新鮮な空気を体中に取り込み、1日のパフォーマンスを上げていきましょう!


出典:株式会社夢相続